高校受験 塾

中学生は塾にいつから行くべきか?高校受験にベストなタイミングは?

高校受験に向けて、いつから塾に通わせるのがベストなのか。
悩みますよね・・。

結論から言いますと、子どもが行きたいと言ったタイミングがベストタイミングです。
実際、塾の体験に足を運んでくださる小中学生ともに多くの保護者の方々は、

「子どもが行きたいと言い始めたので」

という子どもの発言がきっかけになることが多いです。

高校受験にベストなタイミングは?小6春休みから

春休みは他学年と異なり宿題はないですし(学校によっては行く予定の中学から出される場合もあります)、部活もまだ始まっていないので時間にもかなり余裕がある時期です。
この時期に中学から本格的にスタートする英語の学習とマイナスの概念が初めて入ってくる正負の数(±の計算)の学習の先取りをするのが一番いい時期です。

中1の始めの時期は教科ごとに先生が違ったり、学習内容もレベルが上がり、そして友人関係も大きく変わることも多いといった様々な環境が変わるなど、小学校とのギャップもあるため慣れるまで精神的にも大変な時期なので、余裕がある春休みにスタートさせるのがベストと言えます。

 

テストの点数や成績が悪くなってきた時にすぐスタートが大切!

テストの点数や成績が悪くなってきた時期、いつぐらいから塾を意識したらいいのか?
スバリ、悪くなり始めてすぐのタイミングがベストです。

なぜなら授業がわからなくなってきて、それに伴い成績が悪くなってきてからだと、取り戻すのに数倍の勉強量と時間が必要になってくるからです。

ベストなタイミングは理解できても、本人が行きたがらない、行きたいというその発言を待っていたらどんどん成績が悪化して、取り返しが付かなくなることも怖いですよね。自分から塾に行ってみたいと自然に言ってくれれば、タイミングもわかりこちらも助かりますが^^、、、なかなかそうはいかないことも多いですよね。勉強の悩みはなかなか普段からも会話に出しづらいもの。嫌なことは大人でも言いにくいですよね。

ですので、そのために自分の本音を言いやすい環境に常日毎からしておくのが大切ですね。
普段は遊びのことだったり、学校のことだったり話してくれる子でも、勉強のことはあまり進んで話さない子が多いです。学年が上がるにつれて自分のことを話さなくなる子も非常い多いです。特に男の子は小学高学年くらいから、あまり話さなくなります。これは成長段階で自然なことなので、心配しなくて大丈夫です。
あまりに悪い成績を見かねて、子どもを塾に進めて体験にきてくださったケースも2割程度ですが、あります。

子どもは「塾に行ってなんとかしたい、、」
「でも塾って難しいイメージだからという理由でなかなか足を運べないことも多いんです。ですので、お友達が行っている塾だから、というのは安心材料になるようですし、少し強引かもしれませんが、一度体験だけいってみよう!となんとか促して、試しに授業を受けてみたら、

「意外と楽しかった!」「これならやってみたい!」というセリフを伝えてきてくれたケースも多くみてきましたので、学年が上がるにつれて学習内容も難しくなってきますので、一度体験に行くきっかけを作ってあげれることが大切です。

高校受験の中でも一番大切な教科は?

中学生から本格的に勉強とする教科として英語が加わります。
積み重ねの教科である英語と算数(数学)は、基本がとても大切です。
現在中2、中3の生徒が中1の生徒に口をそろえて言うセリフが

「英語だけはしっかりやっておいた方がいい!」

と言うセリフです。強くアドバイスしてくれます。

2020年より、英語は特に国全体として強化していく科目になりましたので、ますます重要とされる科目になってくるでしょう。

高校受験に塾は行かなくてもいい?塾に通うメリットは?

一番親孝行なのが、通信教育の教材で自分で管理してやってくれる子、ですよね。

一学年に数人はいますが、そういう子たちは大体学年トップの子に見受けられる傾向があります。自分で進んでやる子は、塾に行かずに通信教材で十分でしょう。心配な場合でも中3の夏季講習や冬季講習などからでもいいと思います。

塾に通うメリットとしては、地域の最新の受験情報が手に入ることと、最新の入試のポイントをプロの先生から直接伝授してもらえる、この2点です。型が決まりがちな公立の入試問題でも、年を重ねるにつれ若干傾向は変化していますので、最新情報をスピーディに得ることができるのが塾に通うメリットです。

中学生は塾にいつから行くべきか?高校受験にベストなタイミングは?
まとめ

その子の学力によるのは間違いないですが、学校の勉強について行けなくなったと感じたタイミングが1番ベストのタイミングと言えます。

大前提として、子供が自分から行きたいと思った時がベストです。自分から行きたいと思った時は、自分自身で危機感を持っている時なので、頑張ろう!という気持ちが非常にあるため、授業の吸収力が非常に良いのです。

行きたいと思った時がベストタイミング!
それを逃さないよう、日常から将来のことや興味のあることについて、会話をする時間を持つようにしたいですね!