メンタル

受験勉強の不安を解消!

受験生にとって、入試まで残すところわずかとなりました。

この時期、中3にとっては模試の結果などで一喜一憂しがちな時期でもあります。
そう、受験生にとって、メンタルが急激に不安定になり始めるのがこの時期なのです。

「志望校下げようかな、、」「勉強しているけど、合格できるか不安しかない・・」といった相談が毎日ように受験生から来ます。

この不安や恐れをどのように取っ払うか、、、。

そう実は効率的な方法があるんです^^

順番にご説明していきますね!

受験勉強の不安を解消!頭寒足熱を意識しよう!

受験勉強の50%は「学習する中で一つでも多くのことを吸収して、点数に繋げること」。

もう半分はネガティブとの戦いだと前述させていただきました。

実は、そんな恐れや心配、不安の大半は身体の冷えが原因ということ、
ご存知でしょうか^^?

人類の歴史の中で、大昔に「氷河期」と呼ばれる、地球の気候が寒冷化し、地表と待機の温度が長期にわたって低下する時代がありました。その時期は寒さで生命を落とす危機が珍しくなく、人口が急激に減少した時期でもありました。

その記憶は私たち現代人のDNAにも刻まれており、身体が冷えると危険信号だという漠然とした不安を抱くようにプログラムされています。

私たちが不安を感じる原因の一つが「冷え」からきているんです!驚きますよね!

「志望校、変えようかな」「合格できるか心配」といった弱音を吐くのは、一気に気温が下がり始めるまさにこの秋から冬へと本格的に変わる時期なんです。

まさかこの不安の原因が、冷えからきているなんて・・・。

実際に、秋から冬に変わる10月から11月、12月、一気に5度ほど気温が下がる頃、面白いことに、みんな口をそろえて

「このままで大丈夫かな・・・落ちるかも知れない・・」

「どうしよう・・志望校を変えようかな・・」と言った具合に

弱音を吐くようになります。

もちろん、入試が近づいてきた時期で、受験の不安要素はあるにしろ、季節が夏だったら、悶々と悩み続けることはないということになります!日本の入試は冬なので、検証はできませんが、暑い夏の時期は、悩み続けて落ち込んでしまうこと、自分の体験を通しても多くない気がします^^

一番多いのは多いのは、本人は寒いと感じていなくても、足先はすっかり冷えいていた、というケースです。ですので私は受験生には、外に出かける時だけではなく、室内でも、身体を温めるよう、特に「足を温めるように」伝えます。合言葉のように「とにかく身体を温めてね!」と何度も伝えます。

足が冷えていると、地の巡りが悪くなり、腹痛だったり身体がだるくなったりしやすくなります。反対に、頭が熱くのぼせていると、ボーッとしてしまい、眠気にも襲われ、勉強が捗りません・・

塾内でも、足元が冷えやすい子には集中的に小型のヒーターをそばに置いて温風を当てています。

身体を温めて不安の元となっている冷えがなくなれば、たとえ同じ環境に置かれても、ちょっとしたことで悩まなくなるのです。身体を温めることはネガティブを乗り越えるための、基本とも言えるでしょう^^

東洋医学の言葉で、「頭寒足熱」という言葉があります!

頭を涼しくしてよく働くようにし、足は温めて全身の血行をよくすることが、
やはり大切だということですね。

受験勉強の不安を解消!オススメの足湯!

この理想の状態を作るために、オススメなのは足湯です。

なかなか家庭では行うことがないかも知れませんが、受験生にとっては気分転換にもなり、一石二鳥でオススメです^^

<用意するもの>
☆ふくらはぎまで入るバケツ

手順
①バケツをお風呂場に持っていき、バスタブに腰掛け、バケツの中に足を入れます。
②少し熱め(43度くらい)のシャワーを膝にかけながら、バケツにお湯をためていきます。
③肌が赤くなったら、血行がよくなってきた証拠。シャワーのお湯を止めて10分ほど温まります。お湯が冷めてきたら、何度かお湯を足して調整しましょう。

朝と晩、一日2回が理想的ですが、難しければ1回でも構いませんし、特に冷える日や、気分を上げたい時に行うこともオススメです!

お湯を使わない足湯の器具もあります^^

受験勉強の不安を解消!効果的な冷え対策グッズ

①5本指ソックス

先程お伝えした「足湯」以外にも、もっと簡単に足を温める方法があります!

ズバリ「靴下の重ねばき」です。

そして特にオススメなのが、「5本指ソックス」です!

5本指ソックスは、普通の靴下と異なり足の指が縮こまらないので、指の先までしっかり血流が保たれます。その結果、足は自然とぽかぽかになり、むくみ改善にも役立ちますので、声を大にしてオススメします♪

1枚目には、麺やシルクなどの天然素材の靴下を履くと、汗を吸収しやすく冷えにくくなります。この1枚目の靴下に5本指ソックスをオススメします!

2枚目には、ウールの靴下を履くと、熱を逃さず暖かさが持続します^^

 

私自身、普段から五本指ソックスを愛用しています^^その上から綿素材の普通の靴下を重ねばきしています。とても暖かくて快適です。

靴下を重ねて履けなかった時は、あまりの寒さに驚きました、、寒さに気を取られて、授業準備にも集中できず、、。

足が冷えるということだけで、これだけやる気が削がれるとは・・・それまでは気づきませんでした。

仕事に大きく影響すると判断し、すぐにコンビニへ靴下を買いに行きました。今では万一に備えて、仕事場に靴下の予備を置いています^^

 

②アームウォーマー・レッグウォーマー・ネックウォーマー

冬場は厚着をしすぎると、のぼせて頭が痛くなったり、肩が凝りやすくなりますので、

まずは「3つの首(首、手首、足首)」をしっかり温めるようにしましょう。

この3ヶ所には、太い血管が通っているので、そこを通る血液を温めるとそれが全身に流れ、体がポカポカしてきます。

首にはネックウォーマーを。背中と首が温まり、頭痛や肩こりも和らぎます。手首には、アームウォーマーをや指先がない手袋もオススメ。勉強をしながら、指先まで温かくなってきます。

足首にはレッグウォーマーを付けます。足元が温かくなるだけではなく、全身の血の巡りがよくなります。要所を温めるときに気をつけたいのは、締め付けすぎないこと。ゴムの締め付けが強いとかえって血行が悪くなります。血行を滞らせず、身体を温める工夫をしていきましょう。

勉強中、手が冷たくなりがちになる子には、アームウォーマーもオススメです!

ちなみに私は腹巻も普段から愛用しています^^完全防備です!

先生が不安になったら、子どもたちに元気を分けてあげれないですからね^^

今は薄手のものも沢山あり、着膨れしにくいので助かっています^^

③サーキュレーター

暖かい部屋はすぐに眠気が襲ってきますね。

「勉強するときは暖房を付けないようにしてるよ!」

会話をしていてそんなセリフを伝えてくれる子も実際いますが^^

暖房を活用する時は、空気が部屋の中を循環するようにサーキュレーターを活用することをオススメします!

 

温度を上げてもなかなか暖かくならない経験、ありませんか?

実は上方の温度は設定した温度になっているんです。(故障でない限り・・)

下方に暖かい空気が降りてきてないだけなんです。

空気は「冷たい空気は下方に、暖かい空気は上方に向かう」性質があるので、強風を起こして空気の循環をさせ、快適な温度にして頭がのぼせないようにしていきましょう。

 

設置場所

①エアコンの対角線上に置き、エアコンの吹き出し口に向けて送風。

エアコンから出てきた温風を部屋いっぱいに拡散させることができます。冷房の時にも使える方法です。

 

②エアコンから少し離れた位置に置き、天井に向けて真上に送風。

天井近くに溜まってしまいがちな温風を部屋全体に行き渡らせます。

「暖かい空気は上に行く」という性質を、サーキュレーターは空気を循環させ、部屋の中の温度のムラをなくし、快適に過ごせるようにしてくれるので、つい温度を高く設定しがちになることも防げます!

エアコン代の節約にも繋がるので一石二鳥ですね!

 

 

受験勉強の不安を解消!まとめ

受験生、受験生以外にも不安になりがちなメンタルを取っ払う方法を、今回ご紹介してきました。安心感をえられ、前向き思考ややる気が出てくる、身体温め方法!(特に足元!)

お風呂から上がったら、熱を逃さないよう、靴下を重ねばきを忘れずに♪

できるものからぜひ取り入れていってくださいね^^