高校受験参考書

高校受験におすすめ英語参考書/文法/長文/熟語の勉強にベストな参考書はこれ!

積み重ねが大切な教科である英語。

一度嫌いになると拒否反応が強く出てしまう教科なので、

いかにわかりやすくスムーズに学習できるか、が鍵になってきます!

今回は一人で復習できる参考書兼ワークの紹介です。

英語がすでに嫌いになっている子向け中心にオススメの3冊を選びました!

高校受験にオススメ英語参考書
その1「中1英語をひとつひとつわかりやすく。」
学研教育出版

CDだけではなく、無料解説動画も付いているので、英語の基礎の基礎からしっかり学び直したい子どもたちにオススメの一冊です!

左のページに文法、右のページはやさしい練習問題ページで構成されていて、

問題を沢山解くことで英文を組み立てる力が自然と身につくようになっています。

イラストもカワイイ感じになっているので、楽しく進めていけく生徒も多いようです^^

実際使っている子に聞くと、

「超わかりやすいんだけど!」

「絵がたくさんあってイメージしやすい」

「初めて最後のページまでやり終えた!」

と伝えてくれる子が多いので、つまずいてしまった生徒にはオススメしています!

高校受験にオススメ参考書
その2「わからないをわかるにかえる中1英語」文理

全編カラーでイラストも豊富で楽しく学べる一冊です!

重要文法ひとつひとつについて、難しい言葉を使わずに、丁寧にわかりやすく解説してくれています^^

文法を楽しいイラストと図解化してあるので、言葉だけの説明よりも理解しやすい作りになっています。

音読CDと音声付きの重要単語カードも付いていて、発音、リスニング力も身につく一冊です!

高校受験にオススメ参考書
その3「英語1年 教科書ワーク」文理

教科書別に発売されています。(写真の画像は東京書籍ニュークラウンという教科書です)

教科書に沿っているので、学校の授業の予習復習ができます。

また定期テスト対策も充実しているので、学校のワークがしっかり終わった上で、

最後のテスト勉強の仕上げとしてもオススメです!

単元ごとに長文読解も入っていますので、長文対策にもオススメです。

高校受験にオススメ参考書 まとめ

 

今回は英語の3種類の参考書兼ワークを紹介しました☆

親御さんからも家で時間を持て余しているときに、

「何をやらせればいいかわからない」

「沢山あるので何を選んだらいいか迷ってしまいます」

というお声をよく保護者の方に相談されるので、今回この記事を書いてみました。

ワークは多くのものを1度やるよりも、同じワークを繰り返し取り組んだ方が

学力は確実に上がるので、目移りするのを我慢して浮気をせず(笑)、

一冊を反復して基礎を固めていけるよう頑張っていけるといいですね!継続は力なり!!